FC2ブログ

Organic Voice's Arat

~Organic Voice(生きているままの体)を見つめるブログ~

映画『The Martian』

 昨日、 『エイリアン』や『プロメテウス』で有名なリドリー・スコット監督の最新作である『オデッセイ』を映画館で観て来ました。

 その構成、その内容に接すればこそ、「私たち」のメッセージをちゃんと受け止めて制作されていることに気付き、愛が溢れてしまった。リドリー・スコット監督の作品ということで、やはり、リドリーは「私たち」側の人なのかも知れない。一応、内容は割愛させて頂く。

 そんなことは置いておいて、そうして満足して眠りに就いたのは良かったのだが、明け方に所用で私以外に家人が誰もいないとき、妙な「夢」を見てしまった。
スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2016/02/09 09:58 ] Program Review | TB(-) | CM(-)

Bと1B: 日本と西洋の『ゲイ』Gay Japan

 2013年4月27日公開の動画。めっちゃ適切なコメントの連続。というか、外国人の方たちをして、こうして繰り返されなければならない現実が、悲しい。


[タグ未指定]
[ 2013/09/06 16:42 ] Program Review | TB(-) | CM(-)

阿部寛の宇宙への挑戦

 『阿部寛の宇宙への挑戦』(NHK-BSP http://www.nhk.or.jp/space/)の後半を視聴。火星探査のこれまでの動向のお浚いと、ボイジャーの件のお浚い。小説の題材として念頭にある事事なので、普通に興味深く拝見させて頂いた。

 ボイジャーの主任責任者(?)であるエドワード・ストーン氏が存命のこと、他の恒星系に到達するのが随分と先(50億年先と紹介されていただろうか?)のことなどを知ることが出来たことは、素直に有り難く。

 個人的に、「サターンロケットの関係者は無理でも、ボイジャーの関係者にはお会いしてみたい。せめて、テレビを通してでも」と常々願っていたことだったため、嬉しいことに変わりはなく。

 ま、この記事を書く上で幾らか下調べをした限りでは、「内容的に際立って新しいことはないのかも知れない」と思いつつも、再放送があれば見ておきたい。というか、録画をしておくべきだった...。

[タグ未指定]
[ 2013/08/17 23:44 ] Program Review | TB(-) | CM(-)
Calender
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
クリック募金

gremz
ジオターゲティング

ジオターゲティング